2011年12月9日金曜日

押忍番長2@ゾーン狙い

スロマガに押忍番長2のゲーム数別大当たり出現振り分けが載っていた。
解析ではなくて実戦上のデータ

0〜100Gが60%以上で最も高いのは当たり前として
以降は100G毎に物凄く強弱が付いていた。

番長2を打っている人たちには今更感たっぷりだろうけど
自分は番長2を全然打っていなかったので
ここまでゲーム数毎の振り分けが顕著だとは思っていなかった。

振り分けが濃いのは
200〜300G、400〜500G、600〜700G、900G〜999Gのゲーム数
それ以外のゾーンはかなり薄かった。

ならばゾーン狙いも有効なのではないかと思い
ネットでデータが見られるパチ屋の番長2のデータを見渡していたけど
かなりの頻度で200Gから300Gの間にボーナスを引いている。

落ちている可能性が低い天井近辺の台を狙うのと
200Gからと400Gからのゾーン狙いで100G打つ一撃離脱戦法では
そんなに期待値が変わらなそうな当たりっぷりだった。

でも押忍番長2の天井狙いは体感的に美味しくないのよね。
ゾーン狙いも美味しいのかどうか・・・効果は未知数

↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 スロット日記

スポンサードリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿